兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」

仮想通貨ブログ。惹かれる通貨と魅力的な取引所ありすぎ!

仮想通貨 銘柄 ウォレット

リップル(xrp)買ってハードウェアウォレットLedgerNanoSに移しました

更新日:



今回は、ずっと購入したかったRipplexrp)を手に入れました!

そして、リップルは長期保有で基本売る気はありません。

 

ガチホってやつですね。

そのため、長期保有になるので取引所に保管せずに一番安全な「ハードウェアウォレット」に移しておくことに。

 

リップルが入るハードウェアウォレットは「Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット」です。

 

※ LedgerNanoSは正規代理店で購入しましょう。

メルカリやヤフオクなどだと初期設定が入っているものが届き、ウォレットが同期されて送金と同時に盗難されることが実際にあるようです。

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレットの「株式会社 Earth Ship」は仏Ledger社の正規販売代理店です。

 

スポンサーリンク

リップル(xrp)買ってLedgerNanoSに送金

今回は、リップル(xrp)を購入し、即効でハードウェアウォレットLedgerNanoSに送金しました。

もちろん、少額でテストしてからですけどね。

ledgernanos xrp

事前にLedgerNanoSだけは購入していたんです。

現在、品薄状態で「売り切れているときが頻繁にある」というので事前に準備。

【2018/01追記】まだ、品薄状態みたいですね。

 

LedgerNanoS は Ripple(xrp)対応

LedgerNanoSは、もちろんリップル(xrp)に対応しています。

 

→ Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

 

オフラインでリップルを保管するってこんなに安心なんですね。

1万数千円で買えるこの安心感。

リップル(xrp)-ハッキングされて700万円分不正送金された時の話|仮想通貨取引の初心者は気を付けて

今年1月(2017年)にリップルコイン(xrp)が、2段階認証設定を行っていたにも関わらず、ハッキングされて全額不正に送金されてしまいました。 GOXってやつですね。 取引所「TokyoJPY(東京J ...

続きを見る

 

長期保有の場合は、オンラインで仮想通貨は持ってちゃだめ。

仮想通貨は自己責任なのでしっかりとしたところで管理しましょう。

 

で、取引所からの送金ですが、意外に簡単にできましたよ。

LedgerNanoSの初期設定含めて、掛かった時間は1時間くらい。

実際の送金は、一瞬ですけど。リップルは送金が早い!

 

送金方法やLedgernanosの使い方はこちらの記事を参考にさせていただきました。

いつものように詳細のやり方は省かせていただきます。

 

とりあえずホールド

ふくろう
我慢できねえ

 

前回の記事でNEMを購入したときに、「お金がたまったらxrpも買うよ」って言ってましたが、貯まる前に購入しちゃいました。

 

仮想通貨 xrp

何も考えていないわけではないんです。

いや、あんまり考えてないか(笑)

 

ポジポジ病ではないですけど、値を下げて損するよりも機会損失することが怖いのです。

それで為替でも失敗してるんですけどねw

 

いいんですよ。値を下げても。高値つかみでも。

どうせしばらくは売らないし、まだまだ買い増したいから。

 

「もうお腹いっぱい!」となる前に値が上がってしまったら、今後買い増せないですからね。

「お腹いっぱいJPY不足!」になったら、満を持して値を上げてほしいですね!

来年でも再来年でも、もっと先でもいいです。

 

とりあえずコツコツと買い増すぜ!!

 

では~



よく読まれている記事

-仮想通貨, 銘柄, ウォレット
-, , ,

Copyright© 兼業主夫ふくろうの「好きなことで生きていく?」 , 2018 All Rights Reserved.

▼ふくろうツイッター(気軽に絡んでください)
https://twitter.com/fuku6blog


follow us in feedly